ビーストマスター2000を触ってきた!

Sponsored Link


どうも、テンゴクです。

今回はフィッシングショー2018で見た
シマノの電動リール情報です。


すでに情報は流れていますけど、
もうすぐ新型電動リールとして

「ビーストマスター2000」

がシマノさんから発売されます。


ボディはフォースマスター2000と
ほぼ同サイズ。

色は全体一面が
ビーストマスター・ブルーで
塗装されている感じです。


このビーストマスター2000の
使いみちってどこでしょう。

やっぱイカなのかなぁ。

真鯛やヒラメだったら
フォースマスターの力でも十分だし。

所有欲を満たす…というのが
このリールがもたらす
一番の恩恵かもしれません。


テンゴク個人としては
PE6号が450メートル巻けるくらいの
中深場用ビーストマスター4500を
熱望していたのですが…

ビーストマスター3000XSと
ビーストマスター6000を所有する
BM好きのテンゴクでもBM2000は
スルーする流れになるかと。


とかなんとか言いながら、
ビーストマスター2000の軽さ
確かに魅力ですね。

(実際に軽かった)


フォースマスター800は
好きなリールですけど、
リール音がチープなんですよね。

なので、お金に余裕ができたら
発作的にポチってしまうかも(笑)。


あと、ビーストマスター2000には
「海底・魚群水深表示」
という探見丸さながらの新機能が搭載されています。

ひとつのおもちゃとして
これはこれで楽しめそうですね。
※写真はすべてクリックで拡大できます。

海底・魚群水深表示


ちなみに、本体の写真も撮ってきましたが
肝心なところでピンボケという・・・。

シマノ ビーストマスター2000(ピンボケ)
どうやらテンゴクは
スパイにはなれないようです(笑)。

小さいけど、まだマシな写真↓
ビーストマスター2000


ということで、総括。

すでにビーストマスター3000をお持ちなら
スルーしてもいいかな。

逆に3000番リールをお持ちでないなら、
真鯛やヒラメ、イカも5ハイくらいなら
余裕で対応できると思うので、
軽いビーストマスター2000がおすすめです。

ゴールドドラグやレバーがカッコイイですから。


今回は以上です。

次でフィッシングショー関連の記事は
ラストになります。

では!

今回の記事が「面白かった」
「役立ちそう」と思ったら、
愛のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

Sponsored Link


Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ