真鯛釣りのためにステンカンを買ってみた結果…

Sponsored Link


どうも、テンゴクです。

真鯛釣りに限らず、
コマセを使う釣りで欠かせないのが
“ビシ”の存在です。


ビジといえば・・・
サニービシが代表的です。

他にも青物バスターなんかも
有名ですね。


テンゴクは当たり前のように
サニービシを使っていたのですが。

こと真鯛釣りに関しては、
ドバッではなくポロポロっと
オキアミが出て行く
“ステンカン”の存在が
捨てがたくなってきました。


ということで、
早速ステンカンを買いに
釣具屋に行ったわけです。


釣具屋でステンカンを探すと
「金洲仕様」とか、
いろいろ種類があったんですが、
いずれもお高いんですね。


過去の記事で触れたとおり、
道糸をフグ野郎に食いちぎられたり、
摩耗による高切れが起きたり…

その確率は低いにしても
紛失するとかなりイタいのが
ビシだったりするわけです。


なので、どうしようか迷っていたら、
少し脇にあった1800円のステンカン
テンゴクの目に入ってきました。

他が倍の4000円近くするのに対し、
このステンカンは1800円と破格値です。


「ステンカンなんて
 こんなもんでいいっしょ」
という気楽な発想で、
“黒”のステンカンをゲット。

ちなみに、銀色のステンカンは
水中でピカピカと反射するので
真鯛釣りには不向きかもしれません。
(青物向きだと思います)


すでにご存じかと思いますが、
ステンカンは空いている穴に
ゴムをつけたり外したりして
オキアミの噴出量を調整します。


今回、初めてステンカンを
実戦投入するので、

どの程度のしゃくりで
どの程度オキアミが残るのか…
その点が気になっていたのですが。


第一投目の結果は、なんと…

「ご開帳!!!」

青物バスターもびっくりの
一撃バラマキだった件。



_| ̄|○


_| ̄|○



結局のところ、
ステンカンの値段の差が
どこで発生するのかといえば、

オキアミを入れるところの
“フタの精度”なんです。



後日、確認したんですが、
1800円の安物ステンカンは
このフタが引っかかるところの
噛み合わせ精度がボロボロ
でした。

だから、ちょっとした衝撃で
フタが開いてしまったのです。


極めて下品な例で表現するなら、
風俗嬢もビックリのガバガバ状態に
このステンカンはなっていたわけで。

ガバガバのステンカンビシ


無論、こんなステンカンでは
とても実戦環境では使えません。

結局、この1800円ステンカンは、
日ハムの斉藤投手もビックリの
第一投で“一軍をクビ”になったのです。


さて、
このステンカンのその後ですが…

一応、再生を試みました。


マイナスドライバーで
フタの噛み合わせ部分をいじり、

なんとかフタの開閉がスムーズ…
かつ安定したものにならないかと
いろいろとがんばってみました。


でもその結果、今度は
フタが開かなくなってしまう始末。


ガバガバのあとは
キツキツってことで、
もはや勝負になりません。


船上でステンカンに悪戦苦闘して、
貴重な釣り時間をロスするのは
バカらしいにもほどがあります。

なので、今回は1800円のロスを
受け入れることにした次第です。


といった事情より、
現在このステンカンは
「危険物用のバケツの中」
に置かれています。

今月の危険物の日には回収され、
「金属として再生する日」が
このステンカンには
やってくることになるでしょう。

めでたし、めでたし。
(…と思わないとやってられない)

[ad#co-1]
さて、1800円ステンカンの件は
ひとまず片付いたわけですが、

このまま引き下がるのも
かなーり消化不良です。


そんな時でした…
ネットをチェックしていると。
「ワンタッチ缶」なるものを発見。


これはサニービシの販売元の
サニー商事が作った
ステンカンタイプのビジになります。

「タイプ」と書いたのは、
ビシのボディが金属ではなくて、
“ポリカーボネイト”の素材で
作られているからです。



なので、このワンタッチ缶の場合、
金属ゆえの比重の恩恵は授かれませんが、
値段もサニービシと同じくらいだし、

何よりもフタの精度が良さそうなので、
早速注文することにしました。


果たしでどんなものが届くのか?

そして、実釣環境で
このワンタッチ缶は使えるのか?

その辺は後日また、
お伝えさせていただきます。


今回はこのへんで。

では!


にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ←クリックするときっと大物が釣れますよ

Sponsored Link


Sponsored Link



2 Responses to “真鯛釣りのためにステンカンを買ってみた結果…”

  1. nao より:

    初めまして。

    自分も1800程の安ものを浅草で買いましたが、確かにフタはものによって色々。
    まあ、確かめて買ったんで問題はなかったのですが、家に帰って計ってみたらなんと420g(100号です)。
    削るのが大変でした…

    • テンゴク より:

      naoさん

      はじめまして、テンゴクです。


      自分も一応確かめて買ってみたんですが、
      いざ本番になったらガバガバでした。

      手で開け閉めするのと、
      実際に海の中では勝手が違うようで。

      安物買いの銭失いを反省しているところです。


      > 家に帰って計ってみたらなんと420g(100号です)。
      マジですか!?
      もはや良いところが見当たりませんね→1800円ステンカン

      約50グラムも重いとは・・・。

      柔らかいロッドなんかを使っていたら
      もはや釣りになりませんよね。

      削り出し、お疲れ様でした。

コメントを残す

このページの先頭へ