金洲釣行パート2!に行ってきました。

Sponsored Link


どうも、テンゴクです。

今は梅雨真っ盛りですが、
最近釣りに行っていますか?

テンゴクは再び金洲に行ってきました。


前回の金洲釣行は心が折れそうなほど
悲惨なものでした。

さて、今回の結果はいかに?


今回、テンゴクがお世話になったのは
御前崎港の茂吉丸さんです。

前回の乗船は秋鯛の10月だったんで、
久しぶりの乗船になりました。


ここんところ青物が盛んに釣れているので
平日なのに満船です。

となると、テンゴクの釣り座は
胴の間がほぼ決定的。


釣り座の決定は
一応くじ引きなんですけど、

複数の仲間で来ていると
四隅に配置される場合が多く、
お一人様だと余った釣り座で分配するので、

今回のように満船だと
ほぼ胴の間になってしまうわけです。


あー、今年になって
大好きなトモの席に座れてないなー。


ベタ凪ですが
この写真は金洲へ行くまでの
日の出を撮影したものです。

写真ではベタ凪ぎですが、
金洲の潮は結構早くて
ところどころ二枚潮っぽくて大変でした。


今回は、悩みに悩んだ末、
“ミヨシリミテッド+BM3000”と、

ゴクスペ無限ピュア船 215-80号に
フォースマスター800の
2セット体制で勝負に挑みます。



今回は前回の反省を活かし、
いろいろと改善&工夫をしたのですが、

朝のボーナスタイムは
大トモの方がブリを上げただけで、
テンゴクがいる左舷も
反対側の右舷も静寂に包まれています。


もしかしてだけど~(ギャグではなくて)

「青物の回遊って終わっちゃった!?」

という現実を感じさせる状況です。



今回は前回のように心が折れないように
気を強くもって頑張ってみたのですが、

釣れるのはイサキちゃんオンリー。


あっ、忘れてた、
そういえばヒメも釣れました。_| ̄|○

テンゴクがヒメを引っ掛けると
それ見たとなりのおっちゃんから
「タモが必要だったなー」と、
ベタで、ベターなツッコミが入ります。


ということで、ヒメと言っても
ヒメダイじゃなくて「ヒメ」です。

つまり、これのことです↓
【市場魚貝類図鑑(ヒメ)】


一度、真鯛っぽい引きがあったんですが、
あがる寸前のところでハリス切れ。

このゴクスペのロッドは
前回と今回で2度のバラシに相次ぎ、
なんかゲンが悪いロッドになってしまい、
かわいそうな感じ。


午前10時をまわったところから
真鯛やメダイがポツポツあがっただけ。

船中がパッとしないムードが続きます。


結局、前回同様、
いや、前回よりも見せ場がない感じで
テンゴクの釣りは詰みの状態が続きます。

そして、とうとう船長から
本日最後の投入のご案内が。


その投入でピクピクと反応したものの、
結果はなんとヒメのダブル_| ̄|○ _| ̄|○


ホント、冴えない結果で
今年2度めの金洲釣行は終了。

リベンジのつもりで臨みましたが、
返り討ちにあいました(笑)。


最終的な釣果は
イサキちゃん4尾だったんですが、
いずれもビッグサイス。

とりあえず晩飯には困らなそうで、
それだけが何よりです。


イメージではブリをさばいていましたが、
そう上手くはいかないものですね。

今年はイサキちゃん頼みの
釣りが続いていて情けないです。


そうそう、そのイサキちゃんですが、
金洲から港に戻るのに時間があるし、

サイズも大きかったので、
神経締めの処理を行ないました。


神経締めをしておくと、
味がどうのこうの…というより、
さばくのが楽なんです。


フツー、死んでいる魚って
死後硬直しているんで、
Hなアレを観ているときのムスコみたく
カッチカチですよね(笑)。

でも、神経締めしていると、
その死後硬直がないんで、
身がやわらかいまま
なわけです。


はじめは全然出来なかった神経締めですが、
YouTubeをひたすら繰り返しみることで
だんだん出来るようになってきました。

次はヒラメにバシッと
神経締めを決めたいですなー。


最近はコマセ釣りが続いたので、
本音を言うと少し飽きてきました。

なので、次の釣行は
タチウオ狙いが濃厚です。
(そう、刺激がほしいのです・笑)


出来れば、テンゴクが大好きな
泳がせ釣りが出来ればいいなーと、
考えているところです。

それこそ、ヒラメ釣りとか
狙い目かもしれません。


次回の更新で、
フォースマスター800を実釣した感想を
お伝えさせていただきますね。

それまで、少々お待ちくださいませ。

今回はこのへんで。

では!


追伸:当日はあまりにも渋いので、
守りよりも攻めるしかなかったので、
いろいろと新アイテムを実験してきました。

こざかしいアイテムなんですが、
おもしろい結果にもつながったので、
少しは収穫がありました。

機会があれば、そっちのことも
ブログでも紹介しますね。


にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ←クリックするときっと大物が釣れますよ

Sponsored Link


Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ