探見丸アプリを快適に使うために

Sponsored Link


どうも、テンゴクです。

では、早速前回に引き続き、
今回も探見丸スマートについて
書いていきますね。


一応、前回の内容を復習しておくと、
電池の悪さが弱点の探見丸アプリ。

でも、SIM抜きのスマホや
タブレットを使えば、
それが「軽減される」
というお話を
前回はさせていただきました。

※前回の記事を未読の場合は
「探見丸スマートを使ってみた!」
 をご覧になってください。


ちなみにテンゴクが使った機種は
「AQUOS PHONE ss 205SH」
という古い機種。

そんな古い機種に
なぜ白羽の矢を立てたのか…
今回はその理由について説明します。


単刀直入に結論をお伝えすると
SH205が防水仕様の機種だったからです。

そして、本命の機種を
探見丸アプリのために使いたくなかった

からです。


テンゴクはメイン携帯電話として
今はiPhone6を使っています。

ご存知の通りiPhoneには
防水機能はありません。


ただ、当ブログでも以前に紹介した
以下の様な防水ケースを使えば、
その問題は解決するんですね。


なので、iPhoneで
探見丸スマートを使うのも
出来なくはないわけです。


でも、万が一の話なんですが…
海で何か事故などが起こった時、
緊急用に電話が使えないと
ヤバいと思いませんか?


探見丸アプリで電池を消費していて
いざっていうときに電話が使えないのは
ちょっと怖いなと思います。


「じゃあ、モバイルバッテリーを
 持ち込めばいいじゃん」


と思われたかもしれません。


さすがよくわかっていらっしゃる。

もちろん、そういう手段も
アリといえばアリだと思います。


ただねー、テンゴク個人的には
探見丸アプリのために
モバイルバッテリーを船に持ち込むのは
正直言ってお勧めいたしません。



まず、SIM入り稼働中スマホの電池を
釣行時間全てをカバーさせるのは
そこそこ大きめのモバイルバッテリーが
必要になってきます。


となると、
必然的にボディも大きくなるし、
本体の重量も重くなってきます。

…と、考えると、
なんか意味なくないですか?


結局、持っていく荷物は増えるし、
かさばることになるのですから、

じゃあ、探見丸子機の実機を
今までどおり持っていったほうが
はるかにマシだと思うんです。


実際、モバイルバッテリーって、
水に濡れるようなことがあると
すぐに壊れますからね。


特に海は真水ではないので、
直接水に濡れなくても
少なからずの塩害はある
わけです。


つまり、防水対策で
気を使わなければいけないモノが
また1つ増えてくるってわけで。

所詮、探見丸の魚探なんて
釣りするなかでオマケなんですから、
そんなところで気を使うなら
釣りのほうに集中したいはずです。


それと、充電しながらスマホを使うのは
電池の寿命を短くする行為
になります。

現実的にやむを得ないときもあるので、
絶対にダメだとは言いませんが、
極力その時間を短くしたいわけです。


ということで、探見丸アプリには
使い古しのスマホでもいいし、
使い古しのiPadでもいいので、

SIMナシの機種を使うことを
この場にてオススメしておきます。


SIMなしでも稼働するよ。

あなたが探見丸にするスマホなどを
持っていなかったとしても、

ヤフオクをのぞけば、
かなり安い値段で
防水スマホは入手できます。


確か、205SHとかなら
5,000円もしない金額で
入手できると思いますよ。


あと、モバイルバッテリーで
「ソーラーパワー」で
充電する機種があるので、
それを使う手もありますね。


太陽光で発電するので
本体に電池がないので、
その分の重さは軽くなると思います。


ただ、太陽光の場合、
発電量がやはり少ないので、
充電しながらの使用時間が増える懸念と、

完全夜釣りの場合は
充電できないオチがあるし、

本体の防水対策に
気を使うことになるかもしれません。


テンゴクは実際に
ソーラー充電器を使用していないので
なんとも言えないのですが、

もし、ソーラーパワーでの充電器を
すでにお持ちのようなら
使ってみるといいかもしれません。
(あえて買い足す必要はないと思います)


さて、
今回ここまでお伝えしてきた記事ですが、
いまいちパッとしない説明だったと思います。

もちろん、このまま終わりじゃないです。

実は、これ以外の方法で
根本的な解決をすることが
出来たりする
んです。


ちょっとした工夫が必要ですが、

それを使えば、充電しながら
スマホを使用する時間も短く済むし、

荷物も少なくて済むし、

モバイルバッテリーを買うよりも
安価な投資で対策できるんです。



その対策は以下の記事でお伝えしています。
ぜひ、チェックしてみてください。

「探見丸アプリ充電対策・保存版」



では!

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ←クリックするときっと大物が釣れますよ

Sponsored Link


Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ