タチウオ釣りのリベンジに行ってきました!

Sponsored Link


どうも、テンゴクです。

先週、仕事の隙間を見て
タチウオ釣りに行ってきました。

前回は歴史的敗北な釣果でしたが、
今回の釣果はいかに!?


今回もまた貴政丸さんに
お世話になりました。

安定している船宿さんなので
こちらも安心して釣りに集中できますね。


釣果情報をチェックする限り、
ここ最近タチウオの釣果が
上向いてきているです。

なので、今回は自分に対して
ノルマを課すことにしました。


それは…

「3本指以下のタチウオは
 タチウオじゃねぇー。

 そんなものはリリースだ」

「20本ゲットしたら
 いろいろテストしちゃうよ」


といった2つのノルマです。


そのノルマを達成するために使った
今回のタックルは…

「ライトゲームSSモデラート」
「フォースマスター800」


の“ライト・セット”をチョイス。


タチウオ釣りの場合、
先調子のロッドのほうが
自分の性分にあっている気がします。

なので、無限ピュアは
ベンチに控えてもらい、
ライトゲームSSに全てを懸けることに。


釣り座は前回と同じ
「左舷のトモ」なので
心ひそかにリベンジを誓います。


速やかに釣り座の環境整備を行ない、
仕掛けをセッティング。

「いつでも来い!」
という状況でスタンバイしつつ、
イメトレで精神統一です。


ある程度船を走らせ、
今回の船上「安倍川沖」に到着。

すぐに開始の合図がありました。


棚の位置を
5メートル置きに探りながら、
アタリを待ちます。

ある程度の反応があったところで
誘っていると、ヒットォォ!


…が、細い。

釣れたのは3本指に
少し満たない程度のタチウオ。


当然、これはノルマ規定により
即リリース。

その後、ある程度の
ヒットはあったものの、
今日はなんか細身が続きます。


10本くらいゲットして
確保したのが3本程度。

前回の貧打とはまた別の意味で
苦しい釣りが続きます。


時間的に前半戦を折り返した時点で
ゲットしているのが3尾のみ。


その時、ふと…

「このままだと前回と同じ
 釣果で終わりそうな気がする」

と心細くなり、と同時に…

「この際だから2本指程度の
 白髪レベルを除き、
 3本指だったら確保しておこう」


という妥協した発想が
テンゴクを誘惑してきます。


その後、その誘惑に
あっさり魂を売ったテンゴクは

「3本指でもゲット許可」

のスタンスに切り替えて
後半戦に臨むことにしました(苦笑)

[ad#co-1]
あっさり妥協した罰が当たったのか、
一時期、テスト投入した仕掛けが
芳しくなくてアタリから遠ざかります。


「うーむ。今日もヤバイって」と
冷や汗が出来てきたその直後…

今回から投入した

「Wライン+夜光シラス」

の仕掛けが大活躍。


探し当てた棚もバッチリで、
「今しかない!」と
猛烈に連チャンゲットを狙います。


チャンスロスは避けたいので、
釣れたタチウオの処理は後回し、

仕掛けを替える時間が
とてももったいないので、
夜光シラスの足が欠けてきて
ボロボロになってきても続行。

ベルトコンベアー方式で
タチウオをゲットする方向で
燃えまくります。


ラッキーなことに
後半戦になってから
だんだんタチウオの「カタ」が
良くなってきました。

そのうち、1尾だけ
かなりデカい手応えのあった魚を
船べりでバラしてしまったのが
実に痛かった…。


集中していると
時間が経つのは早いもので、
だんだんと日が差してきました。

その日の出に合わせたごとく、
またヤツが攻撃を仕掛けてきたのです。


そう、ヤツの名は「サバフグ」。


テンゴクの被害は夜光シラスを
ボロボロにされた程度の
軽傷ですみましたが、

中にはPEをズバッと
やられた方も出てきたので、
船の空気的に撤収モード。

マジでサバフグのやつ、
カンベンしてほしいです。


最終的な釣果は15尾くらいだと
思っていたんですが、

家でさばいているときに数えたら
3尾多い「18尾」でした。

タチウオの釣果

連チャンのチャンス時には
夢中になって気づきませんでしたが、
そこそこの釣果があって良かったです。

トップの方が35尾だったので、
リリースした3本指を含めれば
今回の釣果はそれなりに
健闘したのではないでしょうか。


サバフグにやられた夜光シラス
これがサバフグにボロボロにされた
哀れな夜光シラスくん。


ちなみに、
この光るハリを使った時だけ
釣果がありませんでした。

この光るハリは
パイプのみの仕掛けで
使ったほうがいいかもです。


ダブルライン仕掛け
これが今回大活躍だったWラインの仕掛け。


この仕掛けを使ったことで
“ある閃き”があったんですね。

その閃きのおかげで
手返しの効率がメチャ上がりました。


この閃きについては
後日ブログに書きますね。

もちろん、このWラインについても
書いていこうと思っているので、
それまで少しの間待っていてください。


ということで、
そこそこのオカズを確保できたし、
多くの学びもあったので、
今回のタチウオ釣りは楽しかったです。


次は、泳がせ釣りで「ヒラメ」かなー。

それとも、さらにタチウオ釣りを
煮詰めていくか…悩んでます(笑)


今回は以上です。

では!

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ←クリックするときっと大物が釣れますよ

Sponsored Link


Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ