金洲五目釣りに参戦してきました!

Sponsored Link


どうも、テンゴクです。

今年はこれまで2戦ほど
船釣りに行ってきましたが、

その釣果は黒歴史になりうる
目を覆いたくなるトホホ状態が
続いています。


だから今回はその悪い流れを
断ち切るために重要な一戦なので、
釣り場はものすごく考えました。

結果…

「男なら金洲で勝負だろ!」

と真っ向勝負することにした次第です。


というわけで、今回は
御前崎港の博栄丸さんに乗船し、
金洲五目にチャレンジです。

朝の準備タイムで気になるのは
言うまでもなく「釣り座」です。


そこそこクジ運のいいテンゴクですが、
なぜか釣り座を決める時は引きが弱い。

今回もその予想を裏切ることなく
8番手というイケずなパターン。


というわけで、今回の釣り座は
左舷胴の間になりました。

博栄丸はそれなりに大きい船なので
この釣り座は別に悪くはありません。
(ああー、よかった)


早速、釣座の環境整備を行ないますが、
まだ朝は寒いので
支度はそこそこで切り上げて
岸払いと同時に船内に移動。

そこで、隣のおじさまと
釣り談義に話を咲かせていると
もうそこは金洲でした。


朝一の仕掛けは6号10メートル。

2本バリや3本バリを
使っている人が多かったですけど、
テンゴクはかたく1本バリで勝負です。


今回は開幕してから
すぐにアタリがありました。

どうやら今日の金洲は
サバの猛攻から始まるパターンです。


結果、1本バリがカラミやオマツリ被害を
軽くしてくれたのでラッキーな感じ。

その後、いくつか場所を変えるものの、
今日のサバはしつこいぜ!という流れ。


やっとこさサバとおさらばすると、
イサキが釣れるようになってきました。

今年に入ってまともに
アタリを感じてなかったので、
イサキのアタリでも少し嬉しかったのは
ここだけの話。


イサキが多くなってきたので
2本バリ仕掛け(6m)に変更。

テンゴクは手前マツリが嫌なので、
基本的に3本バリ仕掛けは
あまり使いませんね。
(手返し効率重視の戦略です)


イサキちゃんを数尾釣った段階で、
フツーに釣りしているのも飽きてきたので、
付けエサにイカタンを使用することに。

イサキが釣れるのは嬉しいことですが、
金洲までやってきた以上、
それなりの型を釣りたいですからね。


今回はイカタンを塩漬けにして
持ってきたのですが、
そのイカタンへの食いつきは
悪くはありません。

イサキやアカイサキも
バリバリ食ってきます。


と、思っていた矢先、
ついに来ました真鯛サマです!


真鯛釣れた


鬼アワセが功を奏したのか、
ナイスな所に針がかりしてるでしょ。

真鯛針がかり

だから、このサイズでも、
一気に抜きあげてしまいました。


しかしまあ、やっとこさ真鯛の
顔が見れましたよ。

大物遠征でもないのに
「完全ボウズだったあの日」とか、
マジでトラウマでしたから。


でも、今日の結果によって、
ここまで背負ってきた重い十字架を
下ろすことが出来ました。

まあ、2016年の釣りは
今日から始まった!という気分ですかね。


そうこうしているうちに、
遠征釣りだからこそのウメイロや
キレイなピンク色が素敵なヒメダイなど、
高級魚をプラスしていきます。

本当は、久しぶりに
メダイを釣りたかったのですが、
その夢は叶わずタイムオーバー。


結果、マダイ、ウメイロ、ヒメダイ、
メジナ、イサキ、アカイサキ、
ゴマサバの金洲七目を達成!

お土産たっぷりのクーラーは
とても重いですが、嬉しい悲鳴です。

金洲釣果


今年の金洲は去年と違って
ブリやカンパチのビッグ青物たちが
回ってきていない状況です。

しかし、真鯛やメダイ、イサキ、
ウメイロやヒメダイといった
魚種は豊富なので楽しめます。


今年デビューの剛樹Gエアーに
やっと入魂できましたし、
これからの釣りも楽しめそうです。

次は、また金洲?
それも五目ではなく泳がせ?

…なんて妄想中です。


今回は以上です。

では!


追伸:真鯛とイサキは安定の旨さ。
ウメイロの刺身は甘くて美味しかったです。

↓クリックするときっと大物が釣れますよ
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

Sponsored Link


Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ