第2回金洲釣行!泳がせ&五目釣り編

Sponsored Link


どうも、テンゴクです。

今回は前回の
「第2回金洲釣行!スルメイカ釣り編」
に引き続き、金洲釣りの
後編をお届けします。


イカ釣りを終えた博栄丸一行は
金洲を目指します。

移動時間が短いので
そそくさっと支度を済ませるテンゴク。


今回使用した泳がせ釣りタックルは…

「シマノ ビーストマスター6000」
(ウルトラ2ダイニーマ10号)

「アリゲーター
 スタンディングエボ ライト185」

大物釣り仕様のコンビです。


いずれのタックルも、
今回がデビューであります。

「大物で入魂できればいいなー」と
金洲の沖で願を掛けるテンゴクでした。


さて、イカの泳がせ用仕掛けですが、
ナイロン40号で作られた
親針移動式の2本針仕様です。


実は今回、イカの泳がせをやる展開を
1ミリも予想していませんでしたが、

たまたまイカ泳がせの仕掛けを
持ってきていたのがラッキーでした。


スタンダードな1本針の泳がせ仕掛けでも
出来ないことはないですが…やっぱりね。

イカの泳がせは2本針仕掛けのほうが
しっくりくるじゃないですか。


ということで、金洲に着いて
船長からのGoサインが出たところで
200号オモリとちびスルメイカを
海に放ります。


イカの場合はムロアジなどの魚と違って
ターゲットが近づいてきたときの
穂先ブルブルサインが小さいようです。

なので、底立ちをマメに取りつつも、
穂先の動きに集中です。


ただ…

ビーストマスター6000が重いので
早々にスタンディングをやめて
置き竿にチェンジすることに。

と、そのとき穂先がビヨーンと震えます。


むむっ!

すかさずロッドキーパーから
ロッドを取り外して様子を見ると…
グイッと海面に穂先が食い込みます。


おりゃああ~!と
鬼アワセを2回ほど入れると
獲物は意外とすんなり上がってきます。

タモ取りにやって来た船長が
ぼんやりと海面に映る魚影を見て

「赤いなー」

と言っていたので、

「子供カンパチか!?」

と思いきや…


それからすぐ船長が

「いや、ピンクだった!」

とすぐに修正。


「えっ!?ピンク??

と、意味不明なテンゴク。。


結果はなんてことはない、
針に掛かっていたのは
良型の“マダイ”だったのです。

マダイ

これがGエアーくらいのロッドだったら
それなりにやり取りを楽しめたのですが、

さすがに今回のタックルだと
マダイは余裕で釣り上がってしまいますね。


とはいえ、エビでタイを釣る…ならぬ、
イカでタイを釣るという結果。

今年はマダイ運がなかったので、
この良型マダイは嬉しいゲストです。


この流れをキープするため、
マダイは早々にイケスに引っ込んでもらい、
小粒なスルメイカを投入します。

着底してまもなく、
またもビヨーンという前アタリが。


今回は少し聞き上げて待つと、
くぅ~~~~んとスタンディングエボの
穂先が勢いよく海に吸い込まれます。

またも、2回ほど鬼アワセを行なうと
前回のマダイとは違う強い引きがあります。


船長から、やり取りに時間を掛けると
サメに食べられるよ…という
アドバイスがあったので、
フルドラグでのガチ巻きで応戦します。

そこに上がってきたのは…
今回の本命「カンパチさん」です。


型はカンパチにしては小粒ですが、
本命ということでヨシとしましょう。

持ち帰るのも、食べるのも
これくらいのサイズが一番ですからね。

カンパチ

エサにするスルメイカはまだあるので、
さらなる大物を狙います。

ただ、テンゴクのロッドが震えたのは
その後一度きり。


そこそこ穂先が暴れたので上げてみると、
やられてました。

ざっくり孫針を持っていかれています。

孫針をもぎ取られた仕掛け

それなりに大物だったと思うので
残念ですが仕方ありません。


ということで、
ここからは五目釣りに移行。

ただ、泳がせをやっている間、
オキアミコマセがノーメンテだったので、
表面のコマセが強い日差しのせいで
干からびています(笑)


それに、そのときは
いちいち針にエサをつけている
気分ではありませんでした。

なので、ムロアジ用のサビキを使って、
さらなるお土産ゲットを狙います。


このサビキ作戦が功を奏して、
アカイサキ、ムロアジ、ゴマサバを
順当に追加。


さらにウメイロまで追加!

普通にエサを付けて釣るより
サビキのほうが釣れる感じです。


本日の釣行も残り時間が
わずかになったところで
左舷ミヨシの方が8キロ以上の
カンパチを泳がせでゲットします。


残り時間が少ないけど
まだチャンスがあるから
泳がせをやったほうがいいよ…と
船長が言ってくれたので

半分片付けていた泳がせ用の
仕掛けを再セットします。
[ad#co-1]
ラストチャンスに賭けたものの
話はそううまくはいかず、
そのままゲームオーバー。


本命のカンパチを筆頭に
マダイ、ウメイロ、ムロアジ、
アカイサキ、ゴマサバという
「六目」達成の釣果。

クーラーも重く、
今回も満足な釣果で
終わることが出来ました。


やっぱ泳がせ釣りはオモロイですな。

次回はもっと大物を狙っていくか、
それとも暑さを避けてタチウオの
夜釣りに繰り出すか思案中です。

いずれにしても、この良好な流れを
キープできるといいなー。


今回は以上です。

では!

追伸:釣れたカンパチと
マダイの一部を刺身で食べました。

カンパチとマダイの刺身

ウメイロは煮付けにしました。

いずれも、とても美味だったので、
破壊神ビルス様に
献上したいくらいでした(笑)

今回の記事が「面白かった」
「役立ちそう」と思ったら、
愛のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

Sponsored Link


Sponsored Link



2 Responses to “第2回金洲釣行!泳がせ&五目釣り編”

  1. あつ より:

    金洲!懐かしいです。
    私も昔、よく通いました。
    金洲で大物釣りに嵌りました。

    また来ます!

    • テンゴク より:

      > あつさん
      金洲は魚種が多くて楽しめますよね。
      また金洲へ釣りに来てください。

      あと、ホームページのアドレスですが
      本文中に入れてしまうとスパム判定されてしまうので
      削除した形になりました。ご了承ください。

      URLを入れるところを用意できればと考えていますので
      またお越しください。

コメントを残す

このページの先頭へ