タチウオ仕掛けのアレコレ

Sponsored Link


どうも、テンゴクです。

今回はタチウオの仕掛け作りについて
初心者さん向けに書いてみました。

少しでも参考になれば幸いです。


タチウオの仕掛けには
タコベイトや夜光シラスなどの
アクセサリーを付けたものと

ハリのチモトから上のハリスを
パイプで補強したものがメインです。


タチウオはご存知のとおり歯が鋭いです。

なのに、タチウオがハリ掛かりするまで
それなりに待つことが多いです。

その結果として、
ハリス切れを防止するためにも
ハリ自体も長くなっていますし、
パイプで補強したりするわけです。

ただ、パイプ仕掛けの作り方は
一目瞭然なところがあるので、
今回はアクセサリーをつけた
仕掛けをメインに説明してきますね。


まず、オーソドックスなのが、
タコベイト(※)の中にパイプを仕込んだ
以下のような作り方です。
前回のタチウオの記事でもお伝えしとおり、
テンゴクは夜光シラスをメインに使っています。


ここでのポイントは
ハリとハリスの結び目を
パイプの中に入れ込むってことです。


タチウオ仕掛け・結び目はパイプの中に

こうすることによって
ハリの動きが安定するからです。
(結果的に食い込みもよくなる)


次に、エサ周りの浮力を高めたい場合は
タコベイトの中に夜光玉を仕込みます。

これは、2本バリ仕掛けの
上側にくる針に仕込むといいと思います。

タチウオ・夜光玉を使った浮力の高い仕掛け

次は、逆にエサ周りを重くしたい場合は、
サルカンを使ってハリをつなげます。

サルカンでタチウオのハリを接続

この方法の弱点を挙げるとするなら
ハリがグラつくってことでしょうか。

でも、現実的なことを言うと、
よっぽど食いが渋いときでない限り、
フツーに掛かりますけどね。


では次に、意外と重要な
夜光玉の固定の仕方についても
触れておきましょう。

真鯛釣りなどは夜光玉を固定しないで
釣っている方も多いと思いますし、
それでいいと思います。

…が、タチウオ釣りの場合は
ハリス切れの可能性を減らすため、
タコベイトの位置を固定したいので、
夜光玉は固定したほうがいいのです。


夜光玉を固定する方法として、
夜光玉をハリスでぐるっと一周
まわす方法があります。

夜光玉をハリスで固定

もちろん、それでも夜光玉は
しっかりと固定できます。

…が、ハリスをねじっているせいか、
ハリスとタコベイトが
直線になりにくかったりします。
(なんかハリスがよれている感じ)

常に仕掛けを直線にする必要もないのですが、
なんか気になってしまうわけです(笑)。


さらに言えば、
歯が鋭いタチウオ相手の場合、
少しでもハリスの露出は控えたいです。

この方法は、夜光玉のところに
ハリスが露出してしまうため、
タチウオの歯が当たる可能性も
無くはないのです。


というわけで、テンゴクが推奨するのは
「つまようじ固定」一択です。


つまようじを使って
ウキなどを固定するのは釣りの基本ですが、
それは夜光玉でも同じです。

そして、つまようじで夜光玉を固定すると
もう1つ“いいこと”があります。


それは「エサが付けやすくなる」からです。
(しかも、キレイに付けることができる)

【狙っているリールやロッドが射程圏内に】日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

実はタチウオを釣る際、
エサの付け方ってとても重要です。


イマイチ釣れないときや
ハリ掛かりが悪くなってきたときは

タコベイトの色なんかを変えるより
エサの付け方を見直したほうが
釣れる日も珍しくありません。

したがって、タチウオ釣りでは
ちゃんとハリにエサを付けたいわけです。

でもって、だからこそ
つまようじで夜光玉を固定するのです。


テンゴクはこのやり方を
「つまようじスライド式エサ付け法」
ひとりで呼んでいるのですが(笑)、
そのやり方はとても簡単。

順を追って説明すると。


タコベイトの足のビラビラって、
エサをつけるときに邪魔ですよね。

なので、エサのサンマをハリにつける際、
タコベイトをスライドさせて
上方に避難させます。

夜光シラス(タコベイト)を上方へスライド

つまようじで固定しているので、
少し力を入れるだけでタコベイトを
カンタンに移動できるわけです。
(ハリスぐるり方式では無理)


スライドし終わると
ハリだけがむき出しになります。

集中してエサ付けが出来ますね

邪魔者がいなくなったので、
エサ付けに集中できます。

エサが動いてしまわないように
ちゃんと縫い刺ししましょう。


その後、エサのハリ付けが終わったら、
タコベイトを元の位置に戻して完了です。

エサが付け終わったら夜光シラスを元に戻す

この方法を使ってエサ付けすると
タコベイトの足がエサに
覆いかぶさる形でフィットするので
キレイにセッティングできます。

でもって、入れ食いタイムのときでも
焦らず落ち着いて、キレイにエサを
ハリにつけることも出来ます。


タチウオ釣りは仕掛けなどは単純ですが、
エサの付け方次第で釣果が変わるほど
意外とテクニカルです。

エサはタチウオの目に触れる要所なので、
「つまようじスライド式エサ付け法」
を使って少しでも有利に釣りをしてください。


いろいろと書いてきましたが、
参考になれば幸いです。

今回は以上です。

では!

今回の記事が「面白かった」
「役立ちそう」と思ってくれましたら、
愛のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

Sponsored Link


Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ