金洲五目は楽しいねー(ちょっと遠いけど)

Sponsored Link


どうも、テンゴクです。

気温が暖かくなってきたので、
超寒がりの自分でも問題なく
釣りに行けるようになりました。

ということで、今回は金洲へ
五目釣りに行ってきました!


あっ?のっこみ真鯛ですか!?

確かに釣りの春の風物詩といえば
のっこみ真鯛です。


けど、ハリス20メートルの釣りが
なんか好きになれない自分がいるので、
今年は華麗にスルーしました。

金洲でも真鯛は釣れますし、
秋の真鯛釣りもなかなかなので、
あえて無理する必要はないかな…と。


というわけで、今回は去年と同じく
博栄丸さんにお世話になりながら
金洲釣行にチャレンジです。


ターゲットは真鯛、メダイ、
ヒラマサあたりですかね。

ヒメダイやイサキといった
おみやげもゲットしたいところ。

なので、今回は完全に五目釣りですね。


あらゆるシーンを想定して仕掛けを作り、
いざ当日です。


予約時の博栄丸ホームページには
「空いてます」とありましたが、

時間になるとなんだかんだ
ぞろぞろと人が集まってきました。
(まあ、そんなもんですよねー・笑)


…となると、気になるのが
釣座を決めるくじ引きです。

テンゴクは「3」を引いたので、
「四隅確定!」と思いきや…

泳がせ釣りをするお客さんが
左右のミヨシを使うので、
左舷の前から2番目が本日の釣座です。


今回のタックルは…
ロッド→剛樹Gエアー
リール→ビーストマスター3000XS
ビシ→サニービシ100号
仕掛け→6号6m、10m2本針、8号6m1本針

ツケエサはオキアミとイカタンです。
(今回はどちらも持参しました)



今日の金洲は静かです。

風もないし、うねりもない。

けど、そこそこ潮も流れているので
釣果が期待できるってものです。


出港してから約1時間半と少々で
本日の釣り場になる金洲に到着です。

一式の準備が終わったところで、
船長からのスタートの声が!


朝一番はチャンスタイムですから
気合いが自然と入ります。

でも、今日の金洲は
その気合いとは裏腹に
いっこうにアタリがありません。


「もしや今日は厳しい一日なのか?」

そう、覚悟した時でした。


ピクッとアタリがありまして、
金洲のデカいイサキちゃんをゲット!

やっと波が来たか!と思いましたが、
単発のみで終了…とほほ。


どうやらトモのほうでは
真鯛が上がったようですが、
ミヨシは左舷右舷いずれも閑古鳥。

小一時間経ったところで
見るに見かねた船長が場所を変えます。


船長のその判断が功を奏し、
ヒメダイのチャンスタイムにヒット!

チャンスを逃すまいと
手返し重視でやっていたので、
オキアミのエサ付けが
めんどくさくてたまりません。
(2本針だし、特に)


だから、イカタンだけで投入。

でも、チャンスタイム中のヒメダイなら
釣れる、釣れる!


テスト用に作った
フラッシャーを付けた仕掛けも
当たる!当たる!

ヒメダイもイサキも…です。


その後、チャンスタイムが
終了したところで場所移動。

今度はヒメダイも釣れるけど、
メダイなんかもいる場所のようです。


おみやげはそこそこ集まったので、
次は大物を狙っていくことに。

ターゲットは今年になって
やけに釣れているヒラマサです。


どうもトモのほうでは
ヒラマサやメダイが
バンバン釣れているご様子。

となりのおじさんと
「今日は完全にトモの日だな」
と会話するほどミヨシはイマイチです。


そんな会話をヒラマサが
聞いていたのかは知りませんが、
左舷胴の間のお客さんが
ヒラマサを釣り上げます。

サイズは小ぶりですが、
ヒラマサ…うらやましいなー。


ただ、指をくわえていても仕方ないので
絶対釣るぞ!と気合いを入れ直し、
テンポよく手返しを行なっていきます。


と、そのとき!

ギュイ~ンとロッドが
海面に向けて吸い込まれていきます!



船長もその様子を見ていたようで
「今日はサメが上のほうにいるから
 下で弱らせてからあげて!」
というアドバイス。


ハリスのテンションをキープしつつ、
ドラグを適度にきかせながら
ていねいに巻き上げていきます。

最後は大船長がタモ入れしてくれ、
なんとか無事にゲット!


上がってきたのはヒラマサではなく…

メダイくんでした!

金洲メダイ

ヒラマサじゃなかったのは残念ですが、
メダイでも満足です。

ここ最近、メダイはご無沙汰だったので。


その後も緊張の糸を切らさず
がんばってみたのですが、
大物のアタリはありませんでした。

大物との対戦は
次回の泳がせ釣りですかねー。


ということで、2017年初の金洲は、

メダイ、ヒメダイ8尾、
イサキ、アカイサキ各4尾、
ムロアジ、ウメイロ


“六目”という釣果で終わりました。

金洲五目クーラー

次回は、金洲泳がせ釣りが濃厚です。


問題は、泳がせる小魚が
釣れるかどうか…ですが、

ただ、船長に話を聞いたところ、
生イカでもやれるそうなので、
エサの確保はなんとかなりそうです。


ということで、
次回の金洲釣行もがんばります。

これからも応援よろしくお願いします。


追伸:1日置いたメダイとヒメダイを
刺し身にしたところ激ウマでした。

こちらの応援もよろしくお願いします。
励みになりますので!

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

Sponsored Link


Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ