御前崎沖に真鯛釣りのリベンジに行ってきました。

Sponsored Link


どうも、テンゴクです。

去る5月某日。

GWは人も船も多いので
本来は参戦しない方向でしたが・・・
前回の釣果があまりにも不甲斐なく、

どうにもこうにも
やるせない思いが抑えきれず、
前回と同じく貴政丸さんに
お世話になることにしました。


リベンジに熱く燃える
テンゴクの感情とは裏腹に

当日はほとんど風がない
ポカポカDayということで、
のほほんとした感じです。


こういう気候のいい日は
釣り人としてはありがたいですが、

潮が動かず釣りづらかったり、

気温と水温の差があって
魚の食いが悪かったり…と、

釣りには向かない場合もあるので
油断はできません。


約2時間の移動の後、
本日の戦場「オモリ根」に到着。


しかしまあ、今日の御前崎沖は
「電池切れですか!?」
と思うほど、うねりがないベタ凪。

テンゴクはいまだかつて
こんな優しい顔をした御前崎の海を
見たことがありません。


風もうねりもないので、
滞りなく準備も終わり、
開始の合図を待つテンゴク。


午前6時半。

期待と不安が入り混じりながら、
開始の合図と同時に
仕掛けの投入を行ないます。


朝一使用の仕掛けは、
6号8メートル+4号7メートルの
2段テーパー。

ハリは9号で、チモトには
ピンクのビーズを着用。


はじめは軽めのセッティングで
勝負することにしました。


第一投は空振ったものの、
第二投で早速アタリです。

よーし、まずまずの引き。


食べるにはちょうどいいサイズの
メスの真鯛をゲット!


それから、またすぐに
2キロ中盤ののっこみ色をした
オスの真鯛をゲット!!


2.64kg真鯛


その後も、

「前回の不調って
 一体何だったのか!?」

と思ってしまったほど
連続でヒット&ゲット!!!


午前8時位には
軽く4枚ゲットしていたので、

「ワラサもほしいなー」とか、

「ツ抜けでも狙おうかなー」と、

前回は「イサキちゃーん」と
ひよっていたくせに、
調子に乗るテンゴクでありました。


…と言っているうちに
外道でシイラちゃんがお目見え。

実は、シイラ初ゲットだったので、
微妙に嬉しかったりします。

シイラちゃん


その後、潮の動きが少し変わり、
お祭りタイムがあったり、

仕掛けをいろいろテストしたり、
なんやかんやで時間を使います。


潮が変わったタイミングで
重い仕掛けにチャレンジしたり、

15メートルから20メートルの
長い仕掛けに変えたりしたけど、
正直イマイチな感じ
でした。


特に、20メートルの仕掛けは
まるっきり功を奏すことなく、
15メートルに戻した感じです。



釣り座や潮の向きの
影響も考えられますが、

今日のテンゴクと
今日のオモリ根の真鯛には
20メートルは長すぎたようです。


その後、2枚の真鯛を追加して
終了のゴング。


結果に、6枚の真鯛と
1尾のシイラを釣り上げたので


“リベンジ完了”といって良い
釣果ではないでしょうか。



以上、真鯛釣りリベンジの状況報告を
終わりたいと思います。

今回の真鯛釣りで
わかったことや反省点などは、
また後日お知らせいたします。


さて、次回の釣りモノは何にしようか。


作った仕掛けも残ってるし、
真鯛釣りを練りたい気持ちもある。

その一方で
「年に一度くらいは
 金洲に行っておこうかなー」
と思うし、迷うのー。


まあ、真鯛も例年通りなら、
今週がラストカーニバルの
可能性が高いかな。

でも、今年は始まりが遅かったので、
もう少し粘るかも知れない。

うーん。どうしよう(笑)。


にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ←クリックするときっと大物が釣れますよ

Sponsored Link


Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ