さらば!探見丸!ありがとう探見丸!!

Sponsored Link


どうも、テンゴクです。

結論からお伝えすると、
去年一年を振り返ってみた結果、

「探見丸っていらないなー」

と思いました。


今回はその理由を
書いていこうと思います。

※基本的に今回の話はエサ釣り、
 泳がせ釣りに限った話です。

 もしかしたらルアーなら
 また別の使い方があるのかも。


まず、このページでの探見丸とは、
探見丸CV-FISHの実機を指しています。
探見丸CV-FISH

比較対象として今はスマホで使える
探見丸スマートがありますからね。

探見丸スマート


探見丸CV-FISHの実機ですが、
使って損はないと思いますよ。

でも、テンゴクは船に乗せる荷物を
ちょっとでも少なくしたい主義
なんです。

なので、デカいボディの探見丸は
それだけでもお荷物だったりするわけです。


それでも、釣果に反映するのなら
利用する価値もあるのですが、
正直なところ探見丸が役立つのは
真鯛釣りくらいのように思えます。



例えば、青物は
魚のスピードが早いので、
探見丸なんて意味ないし。

コマセだったら1分間隔で
手返しする必要があるので、
のんびり探見丸をのぞいている
余裕なんてありません。


泳がせヒラメや底物釣りの場合は、
海底の形状がわかるのが嬉しいですね。

かけ上がりがわかれば、
チャンスを把握できるし、
根掛かりも避けられますから。

でも、逆にいえば、
探見丸の出番って
それだけくらいのものなんですよ。


シマノの電動リールなら、
リール本体で探見丸の
データを受信できるので、
水深くらいならわかりますからね。

それで十分じゃないかと。


それと個人的に、
自分の釣りスペースに
あまり物を置きたくない
んですね。

だって、
魚を取り込みするとき
探見丸が邪魔になるからです。



中でもコマセ釣りの場合、
自分の釣りスペースには
ロッドキーパーと
コマセカゴがありますからね。

そのうえで、探見丸があると
まあ…鬱陶しいわけです。
[ad#co-1]
正直、魚探性能にしても、
探見丸はに映し出されるものは
実際と数秒遅れている…
なんて言われているし、

船長が見ているものとは
魚探性能が「段違い」だと
言われていたりします。

なので、探見丸は
子供のおもちゃ程度のアイテムだと
割りきることにしました。


とはいっても、一度は手にした
探見丸なのでもったいないなーと
思うこともありますよ。

確かに、置き竿で釣っている時の
暇つぶしに探見丸はもってこいなので。


ただ、探見丸には実機だけでなく
探見丸スマートもあるじゃないですか。



ラッキーなことに
テンゴクがよく行く船宿さんは
探見丸スマートに対応しているんですよ。

ぶっちゃけ、魚探性能だけで言えば
探見丸スマートで十分!


ウィークポイントの電池持ちの件も
自作充電器で解消していますよね。

探見丸アプリ充電対策・保存版



というわけで、もう一度お伝えすると
魚探データをチェックする程度なら
探見丸スマートで十分です。

このスマートの存在があったことが、
「探見丸の実機がなくても問題ないね」
と割り切れた感じですね。


何かの参考になれば幸いです。

では!


追伸:あと、探見丸実機が
デカすぎるのもちょっとね…って
思いました。


iPadとか軽くて薄いじゃないですか。

たかが魚探…っていうと失礼ですが、
もっと軽く、薄く出来ると思うんです。


まあ、一般向け魚探は、
シマノの独占状態なので、
そこまで真剣にモデルチェンジを
行なわないのかもしれません。

iPadみたいな探見丸がリリースされたら
そのときは買い直すかもしれません(笑)


↓クリックするときっと大物が釣れますよ
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

Sponsored Link


Sponsored Link



コメントを残す

このページの先頭へ